【本学学生】学び直しの英語

TOEFL®入門コース

【本学学生】学び直しの英語

一般:
23,000円(税込)
価格:

19,000円 (税込)

購入数:

参加日程

在庫

購入

(1) 9月14日〜

×

(2) 12月7日〜

  • 講 師 小川 豊 総合英語教室主宰
  • 開講日 (1) 9/14〜11/16 (2) 12/7〜2/22
  • 曜 日 木曜日
  • 時 間 17:00〜18:50
  • 回 数 全10回
  • 場 所 玉川大学
  • 備 考 テキスト:プリントを配布
     

講座紹介
このコースは、海外留学の基礎を固めるために設けられましたが、中学や高校の英語をもう一度見やり直そうという大学生、社会人、そして高齢の方にも定評を得てきました。
日本人のほとんどは中学レベルとされる英語を十分習得しているとは言えません。一例ですが、毎学期、間違えるととんでもないことになる時の表現や冠詞の使い分けからスタートします。若い頃、私も「昨日、鰻を食べたよ。」のつもりで、I ate an eel yesterday.と言ったら「まるごと?」という反応が返ってきました。鰻の「肉」なら、I ate eel.です。こういう、一見小さく見えても重要なことを習得するためには、少人数、口答で(紙の上ではなく!)の練習を欠かせません。時の表現はとくに大切。「日本人の英語は何時のことを言っているか分からなくなる」と、知人の銀行員が英国で最近言われました。
もう一つの柱は、「英語のための英語学習」ではなく、英語、日本語を通じて、言葉が何かを伝える、理解するためにあることに改めて気づき、言語学習の本当の楽しさを知ってもらうことです。そのためには、TOEFL®という試験は最適です。今期、授業とメイルなどを組み合わせた新しい語学学習法の実践をはじめ、新しい英語へのアプローチを紹介する予定です。会話と文法の関係、日本語と英語との違いなどに新鮮な印象を持たれる方も多いでしょう。
テキストは高校1〜2年レベルの英語で書かれており、内容も興味深いものです。メイルを活用する「中学2年レベルからの和文英訳」、も参加者が増えてきました。毎週、1分ほどのリスニングの徹底復習が基本。30秒ほどの「マイクロ・スピーチ」も、英語に限らず、表現することについての自信をつけてくれるでしょう。
日程(1)
第1回 9/14
第2回 9/21
第3回 9/28
第4回 10/5
第5回 10/12
第6回 10/19
第7回 10/26
第8回 11/2
第9回 11/9
第10回 11/16
日程(2)
第1回 12/7
第2回 12/14
第3回 12/21
第4回 1/11
第5回 1/18
第6回 1/25
第7回 2/1
第8回 2/8
第9回 2/15
第10回 2/22

 

ページトップへ