世界の名作をご一緒に

映像で辿る名作への旅:ラファエロとゴッホの美の世界を求めて

世界の名作をご一緒に

価格:

20,000円 (税込)

購入数:

在庫

×

  • 講 師 田代 葆 元玉川大学文学部教授
  • 開講日 9/30〜11/4
  • 曜 日 土曜日
  • 時 間 10:00〜11:50
  • 回 数 全6回
  • 場 所 玉川大学
  • 備 考 テキスト:プリントを配布

講座紹介
映像を介しながら、イタリアを、イタリア・ルネサンスを、そしてラファエロの名作の数々を鑑賞いたしましょう。ラファエロ・サンツィオ(1483年-1520年)は、イタリア・ルネサンスを代表する画家です。中央イタリアの都市国家ウルビーノ公国に生まれたラファエロは、その活動拠点をあちこち移動させながら、ついにはローマで、並外れた想像力を駆使した大作を完成させます。ラファエロの作品には、キリスト教(聖書)を踏まえた作品、その時代の重要人物を捉えた作品等があります。それぞれ分かりやすく説明いたします。そして、ラファエロは『聖母の画家』とも言われます。ラファエロの描く「聖母子像」の美しさについては、もう説明は不要でしょう。ゆっくり鑑賞いたしましょう。
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年-1890年)の死に至る最後の70日間に描かれた作品(油彩作品)約70点をほぼすべて鑑賞いたします。ゴッホがたどり着いた「境地」の生み出す、荘厳で、厳粛な、と同時に無類に澄み渡った気配を湛えた絵画世界の「美」を、画家終焉の地、パリ近郊の「オヴェール・シュール・オワーズ」を巡りながら鑑賞いたしましょう。予備知識のようなものはまったく不要です。

■第1〜第3回:「ラファエロの美の世界」
 信仰世界の美、世俗世界の美
■第4回〜第6回:「ゴッホの美の世界」
 オヴェール・シュール・オワーズの最後のとき

☆ 皆様とともに過ごしてきた講座『世界の名作をご一緒に』は、今 回をもって終了いたします。この講座と関わりを持ってくださった 方々に、心より感謝申しあげます。
日程
第1回  9/3010:00〜11:50
第2回  10/710:00〜11:50
第3回  10/1410:00〜11:50
第4回  10/2110:00〜11:50
第5回  10/2810:00〜11:50
第6回  11/410:00〜11:50

ページトップへ