玉川大学 公開講座 2014春
28/36

26子供たちに音楽の楽しさすばらしさを教え、いかに活気のあるクラスを作っていくか。そのためには豊富な楽曲の知識や身体表現の基礎などを学ぶ必要があります。今年は愛吟集を中心とした合唱のほか、辻裕久先生の講演を行います。また昨年と同様、2つの実技講座を全員が受講できるようにしました。夏の暑い時ではありますが、共に学び歌うことで、心に響く音楽作りを体験してください。音楽教育講座コーディネーター 玉川大学芸術学部准教授 中村 岩城 玉川大学教育学部助教 朝日 公哉E1-900-007,000円受講料〈定員〉100名土曜日 全1回 8/2 9:30~17:00 [9:30受付/9:45講座開始]開講日玉川大学教育学部助教 朝日 公哉 〔伴奏:小佐野 実穂〕*参加者全員で受講します朝には「朝の歌」、夏には「夏の歌」。音楽室から出た子ども達にも歌声を溢れさせるために愛吟集はあります。子ども達の「うた環境」を作ってあげるのが私たちの役目です。歌は友達。みなさまとたくさん歌って、友達をふやしましょう。玉川大学芸術学部教授 辻 裕久人はこの世に生まれ出てまず声を発し、自分の存在をアピールします。生まれながらにして得たその発声器官は、身体の成長と共に、様々な内的、外的影響を受けつつ、楽器としても成長をしていきます。骨格や声帯の形、日常的に使う言語の特性、しゃべり方の癖、性格、生活環境など、それらの個性は歌声にも影響を及ぼします。この講座は、呼吸や発声の仕組みを確認しながら、美しい響きで歌うためのヒント、発声指導のポイントなどを紹介するものです。最後には皆さんで日本語の歌を美しい響きにのせて斉唱します。ご自分の声を再発見していただければ幸いです。*参加者全員が2クラスに分かれてプログラムAとBを交代で受講します■プログラムA 「合唱の喜びはここに!」玉川大学教育学部助教 朝日 公哉[伴奏:小佐野 実穂]音楽こそ生きる力。「とにかく音楽が好きな子どもを育てたい」そんな一心でこの講座を展開します。学校現場ですぐにでも使える楽しい手遊びや輪唱、また同声合唱・混声合唱にも挑戦して音楽の本質を追求します。皆さんと一緒に楽しく歌い喜びを体感すると共に、指導法によるアプローチを行います。■プログラムB 「音楽で輝く ~感じることをエネルギーに~」玉川大学芸術学部講師 吉村 温子[伴奏:林 あづさ]心に響く音楽は、時がたって聞いたとき、その時の気持ち、風景、匂いなど様々な感情を思い起こさせてくれます。子どもの時代に音楽を通して五感に届く体験をさせてあげることは、きっと、一生の宝物になると思います。そして何より、子ども達が輝くことで、私たちもエネルギーをもらいます。子ども達と音楽でキャッチボールをして、みんなが元気になれる!そんな音楽表現を探ってみましょう。玉川大学教育学部助教 朝日 公哉[伴奏:小佐野 実穂]玉川大学芸術学部講師 吉村 温子[伴奏:林 あづさ]*参加者全員で受講します午前中の「愛吟集をみなさまと(1)」に続いて、誰もが知っている魅力ある季節の曲、共通教材曲等を、斉唱で、輪唱で、合唱で歌いあげましょう。“歌の喜びはここに!”をご一緒に体感しましょう。愛吟集をみなさまと(1) 9:45~10:15実技講座 13:00~15:50ⅠⅢ講演「声のしくみ うたの響き」 10:30~12:00Ⅱ「愛吟集をみなさまと(2)」 16:00~17:00Ⅳ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です