玉川大学 公開講座 2014春
30/36

28合格のための宅建試験対策講座パソコン整備士3級対策講座玉川大学経営学部講師 松永 光雄NPO法人パソコン整備士協会講師 加藤 孝S*-024-00S1-032-0126,000円(教材費別)本学学生21,000円(教材費別)受講料21,000円(教材費別)本学学生17,000円(教材費別)受講料宅建試験は、合格率が約1割という難関です。しかし、決して難解な内容の試験ではありません。ただ、激戦を制するためには、合理的な受験勉強をしなければ合格はできません。そのために必要な勉強方法は、模擬試験形式の知識のアウトプットの練習です。この講座では、9月から本試験直前まで、6回の模擬試験形式によるアウトプットの練習を行うことで、本試験に向けた実践的経験と合今やパソコンはビジネスにおいてもプライベートにおいても必要不可欠な存在です。一方で、「ExcelやWordの操作はできても、トラブルやウイルス感染への対応、周辺機器との接続は苦手」という人は意外と多いのではないでしょうか。内閣府認証のNPO法人パソコン整備士協会が運営するパソコン整備士検定は、コンピュータの基本原理・基本概念の習得を重視した、実用性・応用性の高い資格として、パソコンの一般ユーザーを始め、幅広い領域のコンピュータ関連業種からもベーシックスキルとして注目されています。この講座では、①パソコンの接続や立上げなどの基礎知識、②パソコンの故障・不具合の診断や基本的な対処法(トラブルシューティング)、③ウイルスや個人情報漏洩に対するセキュリティ、④パソコンユーザーに必要とされる情報モラルなど、ビジネスユース・プライベートユースに役立つ実践的な知識・技術を得ることができます。座学を中心とした講義形式の講座ですが、ハードウェアの学習においては、コンピュータのパーツ等を実際に確認していただくことにより、理解を深めることができます。《検定試験の申し込みについて》パソコン整備士検定試験は、CBT(Computer Based Testing)*試験方式により、全国主要都市の多数の試験会場にて、年間を通し格に必要な知識を身に付けることを目的としています。この講座の特徴は、単なる予想論点を示しただけの答案練習にとどまりません。講師が毎回、受講生全員の模擬試験答案を採点し、その結果に応じた個別診断を行います。この個別診断により、受講生は自己に必要な知識の確認が可能となります。後は過去問集等を使用して自習を行えば、本試験への対策は万全なものとなります。この指導方法により、毎年、多くの合格者を輩出しています。て随時、受験が可能です。この講座の受講を機にぜひとも資格取得を目指してください。*試験は各自で申込み、受験していただきます。*検定の詳細に関しましては、NPO法人パソコン整備士協会のホームページ(http://www.pc-seibishi.org/)をご参照ください。*CBT(Computer Based Testing)とは:コンピュータを利用して実施する試験方式です。受験者は試験会場に赴き、会場に設置されたパソコンに表示される問題にマウスやキーボードを用いて解答します。操作は非常に簡単でパソコン初心者の方でも安心して受験いただけます。【テキストの事前購入方法】・パソコン整備士協会ホームページからお申込ができます(書店での販売は行っておりません)。http://www.pc-seibishi.org/examinee/text_entry.htmlテキスト代の他、送料210円と銀行振込手数料が必要です。テキストはご入金確認後、発送まで約1週間かかります。詳細は上記ホームページをご確認ください。・講座説明会時(5月17日)に、現金にてテキスト販売を行います。ご希望の方は、テキスト代金(税込2,800円)をご用意ください。〈定員〉30名〈定員〉30名土曜日 全5回 9/6 9/13 9/27 10/4 10/11 12:00~16:00土曜日 全5回 6/7 6/21 6/28 7/12 7/19 10:00~12:50開講日開講日説明会[無料]開催日:5/17㊏時 間:10:00~11:00会 場:玉川大学事前にwebサイトまたはお電話<042-739-8895>でお申込みください。講座説明会時にテキスト販売を行います[現金のみ]。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です