玉川大学 公開講座 2014春
6/36

4〈定員〉15名〈定員〉15名新規枠として若干名ボタニカル アート入門 −初めての植物画−続けるボタニカル アート陶芸を楽しむ玉川大学継続学習センター講師・ボタニカルアーティスト 清水 楡理玉川大学継続学習センター講師・ボタニカルアーティスト 清水 楡理玉川大学芸術学部准教授 椿 敏幸 陶芸家 池田 大介土曜日 全10回 5/17 5/24 6/7 6/21 6/28 7/12 7/19 8/2 9/6 9/1313:30〜16:00土曜日 全10回 4/12 4/26 5/10 5/24 6/7 6/21 6/28 7/12 9/6 9/2010:00〜12:30月曜日 全12回 4/14 4/21 4/28 5/12 5/19 5/26 6/9 6/16 6/23 7/77/14 7/28 10:00〜12:30A1-212-01A1-214-01A1-220-01開講日備 考開講日開講日お申込み条件40,000円(花材費込)受講料40,000円(花材費込)受講料60,000円(材料・焼成費込)受講料人類とは長い付き合いの植物ですが、日々テンポの速い日常の私達にとりゆっくりながめて描くのはとても良いリフレッシュになります。在籍受講生にたずねると「植物の話が興味深い・愛でるだけでなく観察の楽しみが増えた・皆と描けて楽しい」との声が戻ってきて講師と共に学ぶ「至福の時間」になっているようです。毎回発見があって楽しく、間口が広く、やがて深い芸術実習に参加なさいませんか。初回で概論・歴史・道具立てや絵具の特徴等を説明します。スケッチの基礎から水彩技法を少しずつ身につけ、スケッチブックに「ひとボタニカル アートを息長く続け、深めたい方を対象にした講座です。四季折々、学園の植栽の変化を見ながら教室に通い、植物を育てて描き飾る楽しみがあります。基本を忘れず新たなる発見と挑戦、進歩上達を目指します。陶芸は、もはや身近な存在です。もの作りの中でも、もっとも触覚が生きるしごと。柔らかな粘土から手で「うつわ」を作りだす喜び。更に焼くことによって、生まれてくる不思議さ。初心者から経験者の方まで、充実した設備の中で思う存分やきものづくりを楽しめます。花」から咲かせていきます。説明付ですので講座終了後には技法習得と植物の知識や視野が広がり、上級クラスにも進めます(講座案内参照)。毎回花材は持ち帰りいただき、スケッチは額に入れて飾れます。園芸好きの方はもとより、初心者(植物好きながら絵は苦手と思いこんでいる人)を大いに歓迎します。このジャンルでは手元を見せない教室があるとの情報を聞きますが、この講座では一緒に描いたりしながら、手元を参考にしてもらっていますので安心してご参加ください。教室に絵のお花畑を作りましょう!個性豊かな作品が増えるよう構図、技法を工夫してクラスのお仲間と情報を共有したり共感したり、時には切磋琢磨して学園ならではの芸術実習の醍醐味を享受しましょう。描きたまったら学園祭ほか、発表の場を計画します。初心者の方は手びねり、ひもづくり、板づくり、ろくろなど課題にそって制作し、経験者や継続されて受講される方は前回までの学習を進歩させながら、課題制作や自由制作に取り組みます。原則的に制作した作品はすべて焼成します。ぜひ窯出しの瞬間の感動を一緒に味わいましょう。体験講座(無料)開催日:①4/19㊏ ②4/26㊏ ①と②は同じ内容です。時 間:13:30~15:00会 場:玉川大学定 員:各10名(先着順)受講に関心をお持ちの初心者の方を対象に開催します。お気軽にご参加ください。事前にwebサイトまたはお電話<042-739-8895>でお申込みください。入門クラスを受講済みの方(主に通年受講)、継続受講生、または経験者の方指定の画材セット(絵の具は特組、スケッチブック特注品)をお世話します[有料]。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です