玉川大学 公開講座 2014秋
10/36

8スウェーデン製の毛糸や麻糸を絵の具がわりに使用して、絵を描くように織ります。使うのは木枠とスティックだけ。初めての方にもわかりやすい詳細なテキストを用意しています。300年前から織り続けられている北欧の絵織物に触れ、手工芸の豊かさを感じていただければ嬉しいです。フレミッシュ織玉川学園講師・織物作家 菱田 成子A2-290-0236,000円(材料費別)受講料〈定員〉10名火曜日 全10回 10/14 10/28 11/11 11/25 12/9 1/13 1/27 2/10 2/24 3/1013:30~15:30開講日備 考織機材[4500円]・キット代が別途必要です。〈定員〉20名折紙を楽しむ −身近な動植物を折紙で−動物折紙作家 臼田 隆行正方形の紙を折るだけで花や鳥などさまざまな生きものを表現できる、そんな、手軽に楽しめる日本の文化。このような面白い話を放っておく手はありません。そうは言っても「ツルの折り方も忘れちゃった」「折ってはみたいけれど本を見てもわからない」「どうもきれいに仕上がらない」という方も少なくないと思います。A2-300-02開講日この講座では、入門者向けに折り紙の基礎からはじめ、一工夫加えて身近な植物や動物などを折ってゆきます。折り図の読み方やきれいに折るコツなど、なかなか知る機会のないポイントはもちろん、生きものや自然の話を織りまぜつつ、折り紙を楽しんでゆきます。生き物を見つつ、そしてちょっとパズル的でもある、そんな折り紙の世界へ足を踏み込んでみませんか?12,000円(材料費込)受講料講師経歴講師経歴玉川大学農学部卒業。宇都宮大学大学院修了、農学修士。日本鳥学会会員、日本折紙協会会員および公認講師、動物を中心にいろいろな生き物を折っている。2003年~ 東京国際ミネラルフェアにおいて、折紙恐竜造形家まつもとかずや氏の展示にゲスト参加玉川大学文学部芸術学科染織専攻卒業。玉川学園高等部美術講師。1997年よりScandinavia Textil Fabriken鶴川教室主宰2001年4月より独立し、ATELIER ANCHOR-PEG主宰2004年 二人展「鳥と恐竜展-折紙による生物造形の世界-」開催。2005~09年グループ展「SOAR~飛翔する30人展~」参加2009年 ちばZOOフェスタ参加。2013年 国際交流基金事業(在外公館文化事業)アフリカ折紙ワークショップ参加。作品掲載本:NHKきょうの料理別冊『家庭でつくる人気のパン』NHK出版『北欧のキッチンでおぼえたイースト菓子とパンの本』白馬出版『北欧の家庭で作るシンプルバターとリッチバターの生地を使ったサクサクペストリーの本』ZEST著書:森の野鳥を楽しむ101のヒント[共著]、鳥の骨探[協力] Webサイト: t-usuda World [http://www004.upp.so-net.ne.jp/t-usuda/]土曜日 全6回 9/27 10/11 10/25 11/1 11/22 12/13  13:30〜15:30

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です