玉川大学 公開講座 2014秋
7/36

講座のお申し込み・お問い合わせ TEL.042-739-8895 www.tamagawa-tucl.com5新規枠として若干名陶芸を楽しむ玉川大学芸術学部准教授 椿 敏幸 陶芸家 池田 大介月曜日 全12回 9/22 9/29 10/6 10/20 10/27 11/17  10:00〜12:3012/1 12/8 12/15 12/22 1/19 1/26 A2-220-02開講日60,000円(材料・焼成費込)受講料陶芸は、もはや身近な存在です。もの作りの中でも、もっとも触覚が生きるしごと。柔らかな粘土から手で「うつわ」を作りだす喜び。更に焼くことによって、生まれてくる不思議さ。初心者から経験者の方まで、充実した設備の中で思う存分やきものづくりを楽しめます。初心者の方は手びねり、ひもづくり、板づくり、ろくろなど課題にそって制作し、経験者や継続されて受講される方は前回までの学習を進歩させながら、課題制作や自由制作に取り組みます。原則的に制作した作品はすべて焼成します。ぜひ窯出しの瞬間の感動を一緒に味わいましょう。〈定員〉12名版画を楽しむ 自由工房玉川大学芸術学部講師・版画家 浜西 勝則金曜日 全12回 9/19 9/26 10/24 10/31 11/14 11/21  14:00〜16:3011/28 12/5 12/12 12/19 1/9 1/16A2-240-02開講日お申込み条件37,000円(材料費込)受講料版画には木を素材とした凸版である木版画、銅の板を版として用いる凹版形式の銅版画、石、アルミ板などに油と水の反発作用を応用し版とする平版形式のリトグラフ、シルクを用いた孔版画と呼ばれる四版種があります。この講座は基礎的な銅版画あるいは木版画の技術を修得した方を対象としたクラスです。各自のペースや方法を尊重します。工房の施設を利用して版画の楽しみ、奥深さを体験してください。絵を描くのは好きだけど上手に描けない、自分の思い描いたイメージを形に表現できたらどんなにか素敵だろうとお思いの方には版画は最適な表現方法です。版の持つ力が描写力の不足を補ってくれるでしょう。もちろん基礎的な技術や描写方法に不安をお持ちの方には個人指導も行います。基礎的な技術を修得した方装身具には金属を素材としたものが多くありますが、素材・道具・場所・技術などの面から、一般の方々にとって制作しようにも取り組みにくい分野になっています。普通は専門店で価格を検討しながら、自分の好みに合うものを購入するのがほとんどでしょう。しかし、自分の思い描いたジュエリーデザインを自分自身の手でつくれるとすれば、これほど魅力的なものはありません。この講座では、銀を主な素材として、リング・ブローチ・ペンダント・ブレスレットをはじめ、自由な発想でジュエリーを制作していただける場を提供しています。また、石やガラスを金属に留めるなど、違う素材の組み合わせによる表現技法なども紹介します。この講座は5回の講座を2コース用意しています。いずれも初心者・経験者それぞれに対応した内容になっています(連続受講も歓迎します)。ジュエリーデザイン −銀でつくるジュエリー−玉川大学教育博物館教授 柿﨑 博孝A2-230-03A2-230-0425,000円(材料費込)受講料〈定員〉各15名土曜日 全5回 ① 10/4 10/18 10/25 11/1 11/15  13:00〜17:00② 1/10 1/17 1/24 2/7 2/14開講日備 考制作した作品の重さが70gを超える場合は、材料超過分の実費精算をお願いします。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です