玉川大学 公開講座 2016春
32/36

30玉川学園・玉川大学は、全人教育の理念の元に「児童・生徒に強い心と体を養う」ため、アドベンチャー教育の手法(Adventure Based Learning)を用いた、玉川アドベンチャープログラム(TAP)を平成12年にスタートしました。TAPは、1970年代に米国で開発されたProject Adventure(PA)と呼ばれる体験教育の手法をモデルとして、グループワークを基盤とした学習環境の中で、個人とグループの目標を達成する為の支援と、成長の促進をしていくことを目的としています。今回の講座では、国内外における様々な教育問題と関連させ、TAPをどのようにして学校教育に導入・活用していくことができるのかを、実際のTAP体験を通じて考えていきます。また、学内には、学校教育現場としては非常に珍しい、8〜11mの高さに設置されたチャレンジコースも常設しており、本講座でも体験を予定しています。TAPプログラム -教員対象アドベンチャー-玉川大学TAPセンター助教 川本和孝E-920-018,000円受講料〈定員〉20名土曜日 全1回 5/28 9:30〜17:00(昼食休憩を含む)開講日備 考*外履きをご持参のうえ、運動ができる服装でご参加ください(革靴やヒールのある靴、スカート不可)。*天候等の影響により、チャレンジコースを使用しない場合もあります。お申込み条件学校教員、教育関係者玉川学園内にあるユニークなチャレンジコースを使って親子でアドベンチャー活動をしてみませんか?玉川学園・大学ではTAPと呼ばれる国内の教育機関では大変珍しいプログラムを行っています。室内・屋外の施設を利用し、年齢を超えて楽しくコミュニケーションを高めることや、ある課題に対するチャレンジ活動ではみんなで力を合わせて協力することを体験します。最近ではオリンピックチームやプロスポーツチームがチーム力を高めるために、このチャレンジ活動を活用してトレーニングを行っています。この活動で必要な要素は親子間や他の親や子との間におけるコミュニケーションでもとても重要なものだと考えています。現在、人との関わりが希薄であるといわれ、子どもや大人同士においても様々なコミュニケーションを通じた関わりが必要なのかもしれません。今回、親子アドベンチャーを通して身体を動かしながらコミュンケーションをはかって楽しい時間を過ごしましょう。TAPプログラム -親子アドベンチャー-玉川大学TAPセンター助教 村井伸二・玉川大学TAPセンター指導員 永井由美E-922-018,000円受講料〈定員〉20名土曜日 全1回 7/9 9:30〜17:00(昼食休憩を含む)開講日備 考*外履きをご持参のうえ、運動ができる服装でご参加ください(革靴やヒールのある靴、スカート不可)。*天候等の影響により、チャレンジコースを使用しない場合もあります。お申込み条件5歳〜80歳(親子および一般の方:お一人からご家族まで人数制限なし)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です