玉川大学 公開講座 2016秋
24/36

22このコースは、海外留学の基礎を固めるために設けられましたが、中学や高校の英語をもう一度見やり直そうという大学生、社会人、そして高齢の方にも定評を得てきました。日本人のほとんどは中学レベルとされる英語を十分習得しているとは言えません。一例ですが、毎学期、間違えるととんでもないことになる時の表現や冠詞の使い分けからスタートします。若い頃、私も「昨日、鰻を食べたよ。」のつもりで、I ate an eel yesterday.と言ったら「まるごと?」と笑われたことがあります。鰻の「肉」なら、I ate eel.です。こういう、一見小さく見えても重要なことを習得するためには、少人数、口答で(紙の上ではなく!)練習を繰り返す必要があります。もう一つの柱は、「英語のための英語学習」ではなく、英語、日本語を通じて、言葉が何かを伝える、理解するためにあることに改めて気づき、言語学習の本当の楽しさを知ってもらうことです。そのためには、TOEFLという試験は最適です。今期、授業とメイルなどを組み合わせた新しい語学学習法の実践をはじめ、新しい英語へのアプローチを紹介する予定です。会話と文法の関係、日本語と英語との違いなどに新鮮な印象を持たれる方も多いでしょう。前期でも用いた教科書は、厚いので一瞬たじろぐ方がおられるかもしれませんが、高校1〜2年レベルの英語で書かれており、内容も興味深いものです。メイルを活用する「中学2年レベルからの和文英訳」、も参加者が増えてきました。毎週、1分ほどのリスニングの徹底復習が基本。30秒ほどの「マイクロ・スピーチ」も、英語に限らず、表現することについての自信をつけてくれるでしょう。学び直しの英語-TOEFL®入門コース-総合英語教室クエスト21 ランゲージインスティテュート代表 小川 豊F-720-02F-720-0323,000円(教材費別)本学学生19,000円(教材費別)受講料〈定員〉各15名木曜日 全10回 9/8 9/15 9/29 10/6 10/13 10/20 10/27 11/10 11/17 11/2417:00~18:50木曜日 全10回 12/8 12/15 12/22 1/5 1/12 1/19 1/26 2/2 2/9 2/1617:00~18:50開講日①開講日②備 考テキスト:“Longman Introductory Course for the TOEFL® Test:iBT(2E)Student Book with CD-ROM”/Deborah Phillips著/*購入の際の注意点:iBT(インタネットを基づいた試験という意味)向けテキスト(表紙のふちが青色)。中国語の発音、基礎的文法を習得し、もっと中国語の会話力を身につけたい方のための講座です。入門コースで学んだ基礎的な内容をおさらいしながら、ステップアップしていきます。授業では、発音をしっかり指導し、本文の内容やポイントを丁寧に説明します。また、置き換え練習、応用会話、表現練習を通して、既習内容と他の類義表現もできるように練習していきます。いろいろな場面設定をし、学習者同士での会話練習もします。必要に応じて、プリントを配り、復習に役立てて、無理なく確実に表現力が身につくことをねらいとしています。中国語 2玉川大学文学部講師 呉 仲密F-680-0223,000円(教材費別)受講料〈定員〉15名土曜日 全12回 10/22 11/5 11/19 11/26 12/3 12/10 12/17 12/24 1/21 1/28 2/18 2/25  14:50~16:30開講日備 考テキスト:『話す中国語北京篇2』董燕・遠藤光暁著/朝日出版社/2,500円(税別)/ISBN:978-4255450728お申込み条件中国語を1~2年ほど学習された方長年中国語を勉強された方ももちろん履修できますが、1〜2年の既習者を主な対象とした内容です

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です