玉川大学 公開講座 2017春
26/36

24説明会開催日:4/17㊊時 間:①15:00~15:50 ②17:00~17:50会 場:大学9号館(予定)いずれか1回参加してください[予約不要]。秘書検定とは、秘書を目指すためだけの資格ではなく、社会人としてのマナーの基本が身に付いていることを証明する資格です。どんな職種にも応用できると、就職活動を控えた大学生に安定した高い人気があります。また、社会人も日々の業務や社会生活をしていくうえで、言葉遣いやマナー・接遇が分からず、必要に迫られて受験する方も多いようです。準1級は筆記試験合格後に面接試験があり、その体験が自信となり就職面接に活用できるからです。2級とは社会的評価が異なり、他の方より就活をリードできます。学生のうちに合格しておくことは就職活動で有利になるだけでなく、就職してからも知識と技能は大いに役立ちます。準1級の授業内容で2級も併願できる授業内容です。傾向と対策を中心に試験直前まで学習します。問題文の意味の捉え方、解答の導き出し方のコツを指導し、授業の終盤では模擬試験を行い合格を確実にします。6月18日㊐の試験合格を目指します。〈定員〉50名月・木曜日 全12回 5/8 5/11 5/15 5/18 5/22 5/255/29 6/1 6/5 6/8 6/12 6/15   17:00~19:00開講日【玉川大学・学生限定】秘書検定準1級・2級対策講座早稲田ワーキングスクール講師 S-042-0025,000円受講料よくわかる宅建試験対策講座玉川大学経営学部講師 松永 光雄S-022-0057,000円(教材費別)本学学生46,000円(教材費別)受講料宅地建物取引士(宅建士)とは、不動産取引の責任者です。不動産取引では、契約締結前に物件についての重要事項説明が義務づけられており、この説明は、国家資格者である宅建士が行うことになっています。この宅建士資格は、不動産取引に不可欠な資格であり、就職にも有利であるため、人気の資格です。宅地建物取引士資格試験(宅建試験)は、毎年、約20万人が受験し、合格率は約1割という国家試験ですが、決して難関試験ではありません。ただ、激戦を制するためには、合理的な受験勉強が必要なだけなのです。そこで、本講座では、講師が著作したテキストを使用しながら、「宅建業法」、「権利関係」、「法令制限」の基本3科目を中心に、本年度の本試験に出題可能性の高い論点を中心にポイントを絞った講義を展開いたします。当講座は、既に受験経験があり知識の確認をしたい方、初めて受験しようとする人で宅建試験の概要を勉強したい方、仕事が忙しいためポイントを絞った勉強をしたい方に最適な講座です。ちなみに、昨年度、当講座受講生から全国合格率を超える多数の合格者を輩出しました。講師といたしましては、合格に必要なノウハウを十分にお伝えできたと自負しております。なお、9月開講の「合格のための宅建試験対策講座」を併せて受講されることをおすすめ致します。予定受験日:平成29年10月15日〈定員〉30名土曜日 全9回 4/8 4/15 5/6 5/13 5/20 6/10 7/8 7/15 7/22 9:30~16:30開講日備 考テキスト:『1回で受かる!宅建〈Q&A完全解説〉改訂版』松永光雄著(株)国政情報センター社刊/2,600円(税別)開催日:3/25㊏時 間:10:00~11:00定 員:30名会 場:玉川大学宅地建物取引士資格(宅建資格)は、不動産取引における責任者となるための国家資格です。宅建資格は、受験者数が20万人を超える人気の資格です。その人気の秘密と資格取得のメリットをご紹介します。さらに、短期間に合格できるレベルの知識を身に付けるためのM式(松永式)勉強方法をご説明します。事前にwebサイト<www.tamagawa-tucl.com>またはお電話<042-739-8895>でお申込みください。宅建セミナー&講座説明会[無料] ─宅建資格の価値と短期合格の勉強方法について─

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です