玉川大学 公開講座 2017秋
13/36

講座のお申し込み・お問い合わせ TEL.042-739-8895 www.tamagawa-tucl.com11〈定員〉12名実践伴奏法講座 基礎集中講座弾き歌い −初歩から応用まで−武蔵野大学講師・ピアニスト・全日本ピアノ指導者協会正会員 小佐野 実穂バイエル終了程度の方から受講できる、楽しい弾き歌いの講座です。現在、幼稚園や保育園、小学校等で先生をしている方から、自分で伴奏しながら歌を歌いたい方、これから教員を目指す方々に最適です。季節の歌や小学校で歌われる歌唱共通教材を中心としたオリジナルテキストを用いて、演奏に必要な様々なことを学び、演奏効果をあげるためのテクニック練習なども行います。受講生個人のレヴェルに合わせた対応を心掛けておりますので、“この曲が弾きたい!”や3日間 8/3㊍ 8/4㊎ 8/7㊊ 10:00~15:00テキスト:『弾き歌いピアノテキスト~初歩から応用まで~(楽譜)』カワイ出版/2,400円(税別)/ISBN:978-4760943647A-340-00開講日備 考23,000円(教材費別)受講料“この曲の事で相談したい!”というご要望がありましたら、ぜひ各自楽譜をご持参ください。継続されている現役教師の方々も多く、受講者同士の情報交換やアイディア発表の場にもなっています。また、ご自分で作られた歌に素敵な伴奏を付けたい、リトミック指導、音楽療法でもっとピアノを活かしたい、という方にもぜひ。期間中に個人対応レッスン時間を設けます。リラックスした雰囲気のなかで、音楽を共に楽しみましょう!講師経歴国立音楽大学を卒業、同大学院修了。大学、大学院を通してピアノを池沢幹男氏に、伴奏法を小林道夫氏、音楽理論を坪野春枝、大ヶ瀬邦夫各氏に師事。ヘルムート・バルト、ダン・タイ・ソン各氏には個人指導を受ける。1995年デュオおさのを結成し、津田ホールにて2台ピアノ&連弾のデュオ・デビューコンサートを行う。国内外において、数々のリサイタルや学校での楽しいトークコンサートを開催。現在、武蔵野大学で保育士や幼稚園教諭、小学校教員を目指す学生にピアノ実技や指導法を教えている。(社)全日本ピアノ指導者協会正会員、及び同コンペティション審査員。国際ピアノデュオ協会会員。音楽療法 実習を含めた基礎講座−理論と実践−玉川大学芸術学部講師 鈴木 千恵子音楽療法は医療、福祉、教育の領域にまたがる音楽を用いた援助法であり様々な臨床活動が行なわれています。今年は音楽療法の理論を紹介すると共に、高齢者領域では認知症の音楽療法、児童領域では様々な発達の遅れを抱えた子ども達に焦点を当てて基本的なプログラム作成と実践の体験学習を行ないます。音楽を聴くこと、歌うこと、楽器を奏でること、音楽に合わせて身体を動かすこと等、音楽と音楽活動をどのように行なうことが障害や病気を抱えた方々への援助となるのか学んでいただきたいと思います。2日間の講座ですが、どうぞ楽しみながらご参加下さい。テキスト:資料を配布*講座期間中、希望者には講師著書を紹介します(購入は任意です)。『松井紀和のスーパービジョン~うまくいかない音楽療法セッション・音楽活動のために~』鈴木千恵子編著/音楽之友社/1,900円(税別)『音楽療法の実際〜音の使い方をめぐって〜』松井紀和、鈴木千恵子他共著/牧野出版/3,000円(税別)A-350-00備 考15,000円受講料<プログラム>1日目 午前(講義) 音楽療法とは何か 音楽療法の活動紹介午後(実技) 認知症の音楽療法 基礎的プログラム作成と実践2日目 午前(実技) 発達障害児の音楽療法 基礎的プログラム作成と実践午後(実技) 認知症・発達障害児のプログラム(応用編)〈定員〉20名2日間 8/1㊋ 8/2㊌ 10:00~15:30開講日

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る