ご挨拶

玉川大学継続学習センターは地域に開かれた大学という方針のもとに玉川教育を反映した特色ある講座を多く開講してまいりました。玉川学園は全人教育を教育理念としておりますが、その基本概念は「人間文化のすべてをその人格の中に調和的に形成する」ことにあります。このような理念のもと当センターは教育、芸術、農学、工学、体育、語学にかかわるバラエティ―に富んだ講座を提供してまいりました。現在玉川大学は大学教育改革の波の中、ハード面(建物)とソフト面(教育の質)の両面からの改革が行われています。大学正門の目の前に完成した大学教育棟2014は学生の学習環境を大きく変えました。教育棟内の大学図書館とその学習施設であるラーニング・コモンズにおいて学生たちは自主的にグループをつくり、活発な議論をするなど学問への積極的な姿勢が見られ、教育改革が目に見える形で観察されます。この新しい施設は他大学や企業の訪問を頻繁に受け、高く評価されております。継続学習センターといたしましてもこれら教育改革の成果に基づき、さらなる講座内容の充実を目指し、時代のニーズに即した講座とともに伝統文化を伝える講座を開講してまいります。継続学習の果たす役割は今後ますます大きくなると考えております。本学の知的・人的財産を活用しながらも、学部とは異なった自由な発想での講座も多数用意し、自己実現、自己啓発を目指す方々の期待にお応えしていきたいと思います。皆様の積極的な参加をお待ちしております。

2017年3月
玉川大学継続学習センター長
ご挨拶

ページトップへ