料紙の作り方

-基本のキ-

料紙の作り方

価格:

10,000円 (税込)

購入数:

在庫

×

  • 講 師 久保田 麗雲 読売書法展理事・謙慎書道展常任理事
  • 開講日 7/16
  • 曜 日 土曜日
  • 時 間 10:30~16:30
  • 回 数 全1回
  • 備 考 材料費込
        古タオル2~3枚、新聞紙1~2日分、エプロンをご持参ください。
        その他材料等は用意いたします。

講座紹介
かなを書く用紙は、何でもよいわけではありません。かなにはかなを書く用紙があり、「料紙」と呼ばれます。
かなを書くための「加工」がしてあり、和紙を使った「本料紙」とパルプ紙の「新料紙」があります。
かなはほとんどが連綿されています。まず、連綿ができるように加工されます。
今回はその条件を最低限満たしているロール紙を使い、本料紙制作につながる実習をしてみたいと思います。

【内容】・ニカワの溶き方(濃度の説明)
    ・刷毛の使い方
    ・色の作り方
さらに ・ボカシ
    ・紋様を抜く
    ・紋様をキラ刷りする
    ・箔をまく

までできれば、と思います。
日程
第1回 7/16

ページトップへ