玉川大学公開講座 VOL47 2019
14/36

Introduction of courses自然日本文化教 養語 学資 格健康・スポーツ教 育12芸術実習62,000円 [1レッスン40分×10回]開講日A-380音楽個人レッスン 声楽玉川大学芸術学部講師 中村 裕美受講料クラシックの声楽を学ぶ講座です。経験者にはもちろんのこと、基礎から学びたい初心者の方も歓迎します。初心者の方は、イタリア古典歌曲を中心に、発声・読譜等を学びます。経験者の方は、その方の進度、目的に合わせたレッスンを行います。また合唱団等で歌を学んでおられる方も歓迎いたします。お気軽にお問い合わせください。随時 不定期:お申込み時にご説明いたします。62,000円 [1レッスン40分×10回]開講日A-320音楽個人レッスン パイプオルガン玉川大学芸術学部講師 千葉 葉子受講料玉川学園には2台のパイプオルガンがあります。そのうち現在礼拝堂に置かれている1台はアメリカのシカゴ・キンボール社製で、昭和6年、日本で5台目のパイプオルガンとして設置されたもの。音楽学校ではない玉川学園に新品のオルガンが導入されるというのは、画期的な出来事でした。チャペルに置かれているもう1台のパイプオルガンは日本のオルガン建造家、辻宏氏の製作で、昭和53年に設置されました。この2台はまったく違うタイプのもので、辻オルガンはバッハなどのバロック音楽の演奏に適した「バロックオルガン」で、キンボールオルガンはロマン派音楽を演奏するのにふさわしい「ロマンテックオルガン」です。それぞれの特徴を持つパイプオルガンを2台設置しているのは珍しく、玉川学園ならではの特徴となっています。講座ではこの2台のパイプオルガンを使用してルネサンス〜バロック〜古典派〜ロマン派〜近代〜現代の作品を幅広く学びます。受講生の方の進度に応じてレッスンしますので、初心者の方も大歓迎です。この機会に是非、癒しの楽器パイプオルガンを弾いてみてください。随時 不定期:お申込み時にご説明いたします。J-400-02大名家の香道 -初心者でも楽しめる香道へのお誘い-安藤家御家流香道家元 安藤 園枝(綾冠)受講料19,000円 水曜日 全3回 9/25 10/23 11/27 [13:00〜15:00]20名定 員開講日安藤家御家流香道は江戸大名家奥向で伝わりました。仙洞御所(後水尾院御所)女院御所(東福門院御所・東福門院は徳川秀忠の娘)にて米川常伯が香道を以って御伝授奉りました。当家重之室養徳院(藤堂高虎の孫・当家三代重博の母)が女院御所へ御挨拶に参上し香の式を京より江戸へ持ち帰り安藤家の定流としました。昭和45年、高松宮殿下の御奨めにより留流を解きまして安藤家御家流として世間に御披露し、現在に至ります。九月 望月香『逢坂の関の清水に影みえて今や引くらむ望月の駒』 紀 貫之望月の頃、諸国から宮中へ駒を献上した古代から続く行事をとりあげた組香です。十月 名所香(盤物)吉野方・竜田方と別れて競います。元は源平香として白旗・赤旗にて競いましたが、当流にては桜と紅葉の枝に替わります。十一月 越年香古今和歌集の巻頭を飾る在原元方の一首『年の内に春は来にけり~』年‐月‐日と試有り、十二包を打交ぜて本香は六つ、現代にも続く日本の歳時からの組香です。旧磐城平藩主第十六代当主安藤綾信の長女 園枝 昭和46年東京に生まれる。玉川学園中・高・玉川大学を卒業。先祖よりの茶道・香道・伊勢流礼法を相伝。現在では大名の奥向きの文化として香道では唯一当流のみ。(米川流)安藤家御家流香道十二世家元。昭和45年八芳園に於いて、高松宮殿下、宮妃殿下、旧平戸藩主松浦素氏御来臨のもと、初代対馬守重信三百五十年遠忌及び十代信正百年忌を営む。この時より留流を解いて一般に伝授する事となる。講師経歴学友割

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る