玉川大学公開講座 VOL47 2019
18/36

Introduction of courses自然日本文化教 養語 学健康・スポーツ16芸術実習教 育資 格J-470-01J-470-02こども落語教室落語家 立川 らく次月曜日 全1回 7/29 [10:00〜12:00]3月中のいずれかの土曜日1回を計画中、詳細日程等は決まり次第、 別途ご案内しますので継続学習センターまでお問合せ下さい。[10:00~12:00]各15組受講料定 員開講日①開講日②備 考お申込み条件まず前半は、楽しい落語を聞いてもらいます。そして後半は、お子様に簡単な落語(小噺)をお教えします。それを、実際に演じてもらおう!という、落語体験教室です。落語の中に出てくる人は、みんな愉快な人ばかり。だから、落語は面白いのです。聞いてくれるお客さんが笑ってくれると、とても嬉しい気持ちになります。落語家さんの気分を体験してみてください。きっとこれから、友達とおしゃべりするときの参考になりますし、いい思い出になると思います。保護者の方へぜひカメラをお持ち頂き、お子様が落語を演じている姿を撮影してください。また、お持ちの方は、お子様に浴衣を着せてみるのも楽しいかもしれません。お誘い合わせの上、ご参加下さいませ。講座内容は2019年3月16日(土)開講「こども落語教室」とほぼ同じ内容になります。3/16に受講された皆様で今回も受講申込を考えられる皆さまはご留意ください。小学校1年生から6年生までのお子様とその保護者限定3,000円 1976年 神奈川県横浜市出身1995年 ‌玉川大学文学部芸術学科芸術表現コース入学落語研究部に所属1999年 玉川大学文学部芸術学科卒業2000年3月 ‌立川志らくに入門2007年7月 ‌立川談志による二つ目昇進試験に合格、二つ目昇進2017年12月‌真打昇進第一種教員免許(美術)所持小説新潮、Web現代、comic乱、週刊モーニング、南日本新聞、キネマ旬報などでイラストレーターとしても活動。2013年より、帝京平成大学非常勤講師、落語文化を講義。2015〜2017年とニューヨークで英語落語を公演。TOKYO MXTV「タカラヅカカフェブレイク」出演中。講師経歴10/8 10/15 10/29 11/5 11/12 11/19火曜日 全12回11/26 3/3 3/10 3/17 3/24 3/31A:[12:30〜14:10]  B:[14:30〜16:10]定 員開講日備 考テキスト:『臨書で学ぶ古典の美』加藤 泰玄著/日本習字普及協会/2,000円(税別)/ISBN:978-4819503211*筆[大・小]、講師推奨品があります。講座開講日にご紹介します。*半紙、墨液、下敷は各自でお持ちください。普段の生活の中で筆を使う機会は少なくなりましたが、毛筆は日本の伝統文化として脈々と伝えられ、書く人の心を代弁する大切な文化です。楷書、行書、かな等を適切な教材によって効果的に身に付けることは、生活をより豊かにすることにもなります。ここではレベルに応じ初心者から経験者までどなたでも参加できます。講師より「文字感覚を磨く」ことを主眼にまず基本から始め、三体千字文や古典の臨書など幅広く進めていきます。また発展教材として色紙、短冊、半切など、書作品の制作にも取り組みます。資格を希望する人は文部科学省後援の書写書道検定が受験できます。J-440-03J-440-04書に親しむ −書道の基本から創作までを楽しく学ぶ−(一財)日本書写技能検定中央審査委員・翠玄書道会主宰 加藤 達(泰玄)受講料30,000円(教材費別)各15名学友割

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る