玉川大学公開講座 VOL49 2020
30/36

Introduction of courses自然日本文化教 養語 学資 格健康・スポーツ教 育28芸術実習2018年10月に完成した新しいチャレンジコース。1グループが同時に、地上5〜8mでの体験が可能。玉川アドベンチャープログラム -楽しい体験学習講座-玉川大学TAPセンター指導スタッフE-920-01E-920-02E-920-03開講日本講座は、TAP(Tamagawa Adventure Program)の入門編です。プログラムの内容は、問題(課題)解決型の活動を中心として、個人の気づきや人との関わり方などを、グループでの活動を通して進めていきます。一日を通して自身の成長とグループの成長に焦点をあて、他者との協力、協働、信頼を考えながら体験していきます。個人の学びと変容はもとより、指導者として学校教育、社会教育、組織・地域でのチーム作りの様々な場面で活用できるヒントを提供します。講座では、学内に常設されたチャレンジコースも使用いたします。特に、2018年に新設されたチームチャレンジコースは本学が日本で初めての導入であり、「1グループ(最大8人)が同時に高所での体験が可能」といった特徴を持つことから、今までにはない新しい形のグループワークが期待できます。TAPが全く初めてという方にもグループで楽しく学べる講座です。次回の募集は2021年春を予定しています。お申込み条件18歳以上の方玉川大学経営学部講師・東洋大学国際観光学部准教授・法務博士・マンション管理士・宅地建物取引士農林水産省退官後、法科大学院を卒業。神戸山手大学現代社会学部准教授、東洋大学国際観光学部准教授として不動産関連の法律学を担当。現在は、玉川大学で民法、法学等法律科目を担当。法律系各種資格(①行政書士・②国内旅行業務取扱管理者・③宅地建物取引士・④マンション管理士・⑤管理業務主任者・⑥貸金業務取扱主任者・⑦ビジネス実務法務検定・⑧環境社会検定・⑨ファイナンシャルプラナー技能士3級・⑩賃貸不動産経営管理士)を取得、法律解説書、宅建試験受験参考書も多数執筆。継続学習センター講座においては、M(松永)式受験勉強法によって、全国平均合格率を超える多数の合格者を輩出。(著書)宅建受験テキスト:『1回で受かる!宅建<Q&A完全解説>改訂版』国政情報センター社刊/『でたでる!!宅建ウルトラ合格講座完全合格テキスト2010年版』秀和システム社刊/『宅地建物取引士』/『宅地建物取引士 テーマ別問題集』マウンハーフジャパン社刊(監修)講師経歴S-024-00合格のための宅建試験対策講座玉川大学経営学部講師 松永 光雄宅建試験は、合格率が約1割5分という難関です。しかし、決して難解な内容の試験ではありません。ただ、激戦を制するためには、合理的な受験勉強をしなければ合格はできません。そのために必要な勉強方法は、模擬試験形式の知識のアウトプットの練習です。この講座では、8月から本試験直前まで、7回の模擬試験形式によるアウトプットの練習を行うことで、本試験に向けた実践的経験と合格に必要な知識を身に付けることを目的としています。この講座の特徴は、単なる予想論点を示しただけの答案練習にとどまりません。講師が毎回、受講生全員の模擬試験答案を採点し、その結果に応じた個別診断を行います。この個別診断により、受講生は自己に必要な知識の確認が可能となります。後は過去問集等を使用して自習を行えば、本試験への対策は万全なものとなります。この指導方法により、毎年、多くの合格者を輩出しています。次回の募集は2021年春を予定しています。開講日学友割

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る